HOME » よくあるご質問 » JBLについて

よくある質問

当社にお寄せいただいたご質問の中で、お客さまよりお問い合せの多かったご質問とその回答を掲載しています。

JBLについて

JBLについてのよくあるご質問です。

何を目指していますか

“新ビジネスコミュニケーションモデル”を追求して社会に貢献

JBLは、企業のいまだシステム化が遅れているシステム領域で、人と人が凛として融合できるビジネスモデル“新ビジネスコミュニケーションモデル”の実現を目指してあらゆる規模、あらゆる業種でお客様のビジネスのご支援していくことを目的に事業を行っております。“新ビジネスコミュニケ―ションモデル”は人が人として業務行うなかで、人同士が結果として傷つけあう争うモデルでなく互いに尊重し合える凛とした仕組みを築くのが“新ビジネスコミュニケーションモデル”です。業務効率化・コスト削減・内部統制を実現しながら業務と一体となったモデルを実現してまいります。

JBLは、バックオフィスもいきいきとした元気な職場環境を作り、フロントオフィスと積極的にコミュニケーションを図って、顧客満足・従業員満足を基盤としたプロフェッショナルな業務効率化・コスト削減・内部統制を実現しながら“新ビジネスコミュニケーションモデル”を実現してまいります。企業運営でかかわるすべての人々がより効率的にビジネスに対するプロセス・目的をとらえて活動するようにより効果的に「見える化」を推進する仕組みをクラウド型システムツールで、開発時間や開発コストをかけずにローコストで実現頂けるシステムで提供してまいります。

JBLは社会に貢献することに対して意義と情熱を感じて、やれるべきすべての事、考えられるすべての事に躊躇せず取り組んでいくことが社会の成長への活路を切り拓き、大きな価値を新たに創出するものであると信じています。

  • JBLサービス導入企業一例
  • ・学校法人順天堂大学(東京)
  • ・株式会社富士シティオ(神奈川)
  • ・株式会社ナガイ(神奈川)
  • ・株式会社マルヨシセンター(香川)
  • ・株式会社トキハ(大分)
  • ・株式会社トキハインダストリー(大分)
  • ・株式会社タイヨー(鹿児島)

▲ページTOPへ

最首孝之プロフィール

  • ◆早稲田大学 卒業
  • ◆大手のIT企業(日本エヌシーアール・日本電気・日本オラクル)で32年間、企業の基幹システム(受発注・販売システムや物流システムなどソフトウエアパッケージの企画・開発・マーケティングを行いながら、多くの企業で業務改善やシステム構築を行い、企業の業績向上やコスト削減に貢献してきました.
  • ◆システム経験
    ・ソフトウエアパッケージ企画・開発・展開・導入・マーケティング
    ・上流コンサルティング
    ・プロジェクトマネジメント
  • ◆システムインテグレーションおよびコンサルティング実施企業
    三井物産、サークルケイ、住友電装、早稲田大学、松山大学、
    しまむら、フジ、コクヨ、ライフコーポレーション、マルショクグループ他
  • ◆2009年6月 日本ビジネスリード 設立
  • ◆趣味:健康増進のための自転車(ロードレ-サー)、心身ともにリラックスのための温泉めぐり、感受性を磨くための読書

▲ページTOPへ

まずはお気軽にお問い合わせ下さい。 o3-5843-9376